ブログトップ | ログイン

take5_note

take5note.exblog.jp

現場|house T4

足場も外れて内部の壁塗装も終了し、心はウキウキ気分。。。

ただ、建具・家具工事が大分遅れる事が判明。毎回、後半はヤキモキしていて心理状態は、かなりよろしくないのに、今回はヤキモキも通り越して残念。。。


e0309389_17585321.jpg
e0309389_1801088.jpg



気を取りなおして、

今回キッチンはL型のオープンキッチンで、デザインから設置までトータルでコーディネートしています。
キッチンの下部は一部ダイニング側からの収納と食洗機のスペース以外は全てオープンな造り。
食洗機だけは、最後の最後まで悩まれて最終的にスウェーデン製のASKO(アスコ)に決定しました。(大容量W=60cm/16人分で庫内もオールステンレス製で清掃面でも評価が良いので、期待できそうです。。。)
食洗機を選ぶ上で沖縄の大家族にとってはこの位の容量は重要かも知れませんね。


e0309389_2223859.jpg
e0309389_223344.jpg



実際の使用感は後日リポートします。


何度かオープンなキッチンを製作していますが、なかなか使い勝手は良く、ゴミ箱やワゴン・ストッカーなど自分でカスタマイズ出来る事と、低コストであることからオリジナルキッチンを提案していましたが、最近はクライアントから、オリジナルでと要望されることも多くなっている気がします。

オリジナルの良さは、空間に合わせてサイズや形を自由に製作出来る事と食洗機やIHやフードなどの機器類を各ブランドでセット出来る事、デメリットはLOWな造りであることかな。

私たちは住宅をデザインする上でキッチンも家具のような存在で居て欲しいという思いから、造り付け家具の延長線でキッチンをデザインしていますが、あくまでもキッチンメーカーの研究された製品とは違いLOWな造りを理解して頂き、共通の価値感であることが前提なので、全ての方にお勧めはしていませんが、ラフで空間に馴染むキッチンは、料理を作るスペースとダイニングスペースとの境界が曖昧で、料理をしながらダイニングにいる誰かと会話をしたり、その側で宿題やネットをしている人がいたりと各々が別々の行為をしていても、ゆるい距離で家族を繋ぐ時間を生み出しているように思います。


今まで製作したキッチンを近日にアップしたいと思っておりますので、少々お待ちくださいね。


e0309389_152576.jpg


現場近くの民家 素敵なので、思わずパチリ!
長い年月を経ている家には、ちょっとやそっとじゃ勝てない存在感があります。
by a-take5 | 2013-03-07 17:26 | 日誌
<< ダイニングについて 私のバイブル >>