ブログトップ | ログイン

take5_note

take5note.exblog.jp

なんでもない日にちょっと贅沢なワイン

あっ!という間の11月・・・今年もあと2ヶ月、時間が過ぎるのが早すぎる?・・・やっと沖縄にも秋らしい風が吹いてきた今日この頃。小さなテラスが豊かな空間になる。(目線の先は東シナ海、後ろに小山・・海と山が同居する、自称ミニ六甲・・・)天気の良いに日にボーッとテラスでワインをかたむける。お金のかからない至福の時、ひそかに計画していた三連休の一人ワイン会(連れはアルコールがだめで、一人飲み会が多い・・)ワインは、単なるアルコールというだけでなく、香り、フィネス、味覚を楽しみながらいろんなことを思い描がき、空想の世界にワープさせてくれる特別な飲み物。今回のとっておきは・・・・

ラ・ブランカイア・イラトライア06
e0309389_16431313.jpg

イタリア・トスカーナ、カベルネ・ソーヴィニヨン60%、サンジョベーゼ30%、プティ・ヴェルド10%

味は・・・ブラックベリー、チョコレートのアロマ、非常に滑らかなタンニン、エチケットの風貌通り端正でエレガントな美しい建築的?風味・・・・

もう一本は・・・・ガラトローナ・テヌータ・ディ・ペトローロ07
e0309389_16581224.jpg

イタリア・トスカーナ、メルロー100%

トスカーナのペトリュースと称賛される、ペトローロのフラッグシップワイン。ペトリュースなんて飲んだこともないですが、、色合いは、濃い赤紫色、干し肉、黒胡椒、干しバナナの香りに、樽熟成によるヴァニラやトースト香が調和し、ポムロールの土っぽい、埃っぽい風味とメルローらしい柔らかい味・・・
e0309389_173928100.jpg

バックは、私が描いた建築的絵画(窓)

どちらも、長期熟成型なので、06.07と今開けるのは少し勿体ない、生産者に失礼?・・・しかし10年後のテイストを思い描きながら、今飲んでも流石の味!なんでもない日に特別なワインを開ける、マリアージュは豪華な料理でもなく、生ハムにチーズ、心地よい風に遠くに海、美味しいワイン・・居心地良いなー・・!空間造りも材料選びと組み立て方が重要
byT
by a-take5 | 2013-11-04 17:52 | 半径1mのできごと T
<< 現場|houseY3_04 絵画と建築 >>