ブログトップ | ログイン

take5_note

take5note.exblog.jp

カテゴリ:半径1mのできごと T( 16 )

読書の秋

駄々をこねていた夏のうしろ姿を見送り、吹く風がここちいい今日この頃・・・・南国の短い秋は、スポーツより本読みだな・・・と、勝手気ままなワールドを楽しむ。

e0309389_13142067.jpg



建築関係を少し、やわらかい本をたくさん・・・その中から少しだけ紹介・・日本文藝家協会編のベスト・エッセイは74人もの作家さん知識人のおしゃべり?文体がおもしろい・・レールの向こう/大城立裕さんは沖縄を感じながら少し難しいけど、静かでいい感じ・・・思考の整理学/外山滋比古さんはとても良い・・砂の女/阿部公房さんは、寓話?SF?暗喩、比喩が多彩でおもしろい・・・etc・・・そのなかで、ほっ・・とさせてくれるのが、まど・みちお(ぞうさんや、一ねんせい になったら の作詞家)詩集・・・

するめ

とうとう
やじるしに なって
きいている

うみは
あちらですかと・・・



おならは えらい

おならは えらい

でてきた とき
きちんと
あいさつ する

こんにちは でもあり
さようなら  でもある
あいさつを・・・

せかいじゅうの
どこの だれにでも
わかる ことばで・・・

えらい
まったく えらい


              by T
by a-take5 | 2015-11-03 13:23 | 半径1mのできごと T

2015年の始まり

e0309389_12463135.jpg


2015年も11日目です・・・今年のお正月は郷里の宮古島で過ごしました。日頃の親不孝の罪滅ぼしに、元日から三が日実家の大掃除・・・物が捨てきれない両親を説得?だましながら断捨離です。断捨離の語源は、ヨガの行法、「断行(だんぎょう)」、「捨行(しゃぎょう)」、「離行(りぎょう)」という考えらしく、人生や日常生活に不要なモノを断ち、捨てることでモノへの執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようという奥深い行為である・・・実家の掃除は、親の人生と自分の人生を重ね、オモイデとモノを整理する修行のような三が日であった、一年の計は元旦にあり・・・こういうお正月も良いもんだ。

e0309389_12503998.jpg

     大昔から断捨離をしてきた自然・・・在るだけで美しい!
e0309389_1257588.jpg

e0309389_12592323.jpg

     暴風壁を粗末な材料で美しく!

自然を敬い、神に祈って新たな年を始める。
e0309389_137126.jpg

来訪者の皆さん、良い年になりますように!今年もTAKE5を宜しくお願いします。
by a-take5 | 2015-01-11 13:19 | 半径1mのできごと T

長いような、短いような壱年!

2月の誕生日以来のブログ・・・あっ!という間の壱年、昨日からの大掃除をやっと終わりポカポカ陽気に誘われて、塗装を施してリフレッシュしたいつものテーブルで、今年締めくくりのワインです・・・

e0309389_1626622.jpg


名門、シャトー・レオヴィル・ポアフェレの醸造チームが手掛ける、サードワイン パヴィヨン・ド・レオヴィル・ポアフェレ 08
 なんとなく今年は、ファーストのレヴィル・ポワフェレは贅沢だし、セカンドのムーラン・リッシュでもなく、来年に期待を込めてサードワインでカンパイ! 味はさすがに、サンジュリアン2級のチームのワインらしくエレガントな気品あるスタイル、いつか飲みたい、セカンド、ファーストを思い描きながら来る年を迎えよう!

e0309389_16554085.jpg


極楽鳥花も楽しそう・・・穏やかな大晦日です。

今年も公私ともにいろんな事がありました・・・・・一年を反省しながら新たな目標を掲げ、ワインが飲める健康と今日という日に乾杯!

ブログを覗いて頂いているみなさん、TAKE5のHPに訪問してくださるみなさん、ありがとうございます。
みなさんにとって来年が幸せな年になりますように・・・・

TAKE5の営業は、1月6日(火)からになります。
来年は、もう少しHPも充実させたいと思います、ブログもこまめにUP!

一年間お世話になりました、ありがとうございます。

                                                         by T
by a-take5 | 2014-12-31 19:05 | 半径1mのできごと T

誕生日ワイン

先日2月1日(土)は、誕生日でした・・・・今度の誕生日は、牛ステーキと高級ボルドーワインにしようと決めていた。
タイミング良く?おきなわ花と食のフェスタ014が開催されている。
ぽかぽか陽気も手伝って、イザ!奥武山へ、途中海の幸、山の幸の誘惑に惑わされながら、お肉コーナーへ・・・・・・
ゲットしたのはもとぶ牛のサーロイン
e0309389_1759483.jpg

      生肉の写真は撮り忘れたので、パンフであしからず。

霜降りの模様が美しい~美味しそう・・・・

e0309389_1810158.jpg

      宴会?の後の余韻を楽しむために残したお肉・・・


そして、ワインはシャトー・デュクリュ・ボーカイユ1989
e0309389_181879.jpg

     サンジュリアン2級・カベルネ・ソーヴィニヨン主体+メルロ+カベルネ・フラン
      デュクリュ・ボーカイユとは美しい小石と言う意味らしい、小石に覆われた大地
      の下に、美味しいワインの素がある。


ドキドキしながら口に含むと、柔らかで優しい味・・・ふくらみのある果実の甘い香りと滑らかなタンニン、複雑なブーケ、日ごろ口にしたことの無い優雅で優美でエレガントな味だ。もとぶ牛のジューシーさと優しい酸、甘味、エレガントなブーケが口と鼻孔に広がって、シ・ア・ワ・セ満開!
今年も頑張るぞー!ちょっと幸せな日でした・・・・・
(付き合ってくれた家族にありがとう。)byT
by a-take5 | 2014-02-06 19:50 | 半径1mのできごと T | Comments(0)

年末から年始のワインたち

e0309389_16346100.jpg

マルク・テンペ/ アリアンス 011(アルザス)
11月某日・・・ホッとしたい時に飲みたくなる、やや辛口のチャーミングな黄金の飲み物です。多品種のブドウをアッサンブラージュで仕上げるキュベェ。様々なブドウを入れることから「アリアンス=同盟」と言うらしい、マルクさんはゴッツイ顔に似合わず(失礼)やさしいワインを造ります。
e0309389_16221310.jpg

2013年(11月21日)のボジョレー・ヌーボー
左から、マルセル・ラピエール偉大な父を受け継いだラピエール家のワイン、華やかな果実味とスムーズな飲み心地、優しさに溢れています。

ドメーヌ・デュ・トラコ スミレやベリーを思わせる華やかな香り、ちょっと濃い目のヌーヴォーです。

ジャン・フォイアール 華やかで繊細、ピノ・ノワールのようなヌーヴォーです。去年と変わらず今年もピュアーな味、私の中で一番・・・!

グラン・コリーヌ(大岡弘武)日本人が造る、ブドウジュースのような白ワインのヌーヴォーです。(ヴィオニエ主体のやや辛口)グビ々いけます。
e0309389_16535895.jpg

フルーロ・ラローズ/クレマン・ド・ブルゴーニュ ロゼNV クリスマスの夜は、幸せを呼ぶロゼ!細やかな泡、柔らかい口あたり、見かけによらずちょっと骨太な味で、フライドチキンに合う・・・。
e0309389_172388.jpg

お正月は、ラ・クロウ・ド・ボーカイユ(06) カベルネ・ソ-ヴィニヨン70% メルロ25% カベルネ・フラン5% メドック2級サンジュリアンのシャトー・デュクリュ・ボーカイユのセカンドワイン 気候が標準的なサンジュリアンらしく、果実味に富みエレガントで上品なやさしい味がします。もう少し寝かしたら、タンニンの強さが控えめになって、もっと穏やかな優しい味になりそうです。お正月のワインとしては、そこ々で良かった・・・。2月の誕生日には、ファーストの1989を開けるつもり・・・楽しみ!
e0309389_17222740.jpg

もう一つお正月ワイン ドメーヌ・グロ・フレール・エ・スール/ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ・ルージュ09 ピノ・ノワール100%グロー一族のドメーヌ元詰ワイン、芳醇な果実味、しなやかな口当たりで、そこ々美味しいワインです。ピノ・ノワールのドメーヌによる味の違いは正直あまり解らない・・・今年はブルゴーニュも大いに楽しんでみるか・・・・つら々とワインをしゃべってみました。今年は、どんなワインたちに出逢えるのかな・・・美味しいワインを飲むために仕事にジムに、水泳に精進します。 私たちのブログ、HPを覗いて頂いているすべての皆様が、幸せに包まれますように・・・!
今年もよろしく・・・・・by T
by a-take5 | 2014-01-04 20:01 | 半径1mのできごと T | Comments(0)

なんでもない日にちょっと贅沢なワイン

あっ!という間の11月・・・今年もあと2ヶ月、時間が過ぎるのが早すぎる?・・・やっと沖縄にも秋らしい風が吹いてきた今日この頃。小さなテラスが豊かな空間になる。(目線の先は東シナ海、後ろに小山・・海と山が同居する、自称ミニ六甲・・・)天気の良いに日にボーッとテラスでワインをかたむける。お金のかからない至福の時、ひそかに計画していた三連休の一人ワイン会(連れはアルコールがだめで、一人飲み会が多い・・)ワインは、単なるアルコールというだけでなく、香り、フィネス、味覚を楽しみながらいろんなことを思い描がき、空想の世界にワープさせてくれる特別な飲み物。今回のとっておきは・・・・

ラ・ブランカイア・イラトライア06
e0309389_16431313.jpg

イタリア・トスカーナ、カベルネ・ソーヴィニヨン60%、サンジョベーゼ30%、プティ・ヴェルド10%

味は・・・ブラックベリー、チョコレートのアロマ、非常に滑らかなタンニン、エチケットの風貌通り端正でエレガントな美しい建築的?風味・・・・

もう一本は・・・・ガラトローナ・テヌータ・ディ・ペトローロ07
e0309389_16581224.jpg

イタリア・トスカーナ、メルロー100%

トスカーナのペトリュースと称賛される、ペトローロのフラッグシップワイン。ペトリュースなんて飲んだこともないですが、、色合いは、濃い赤紫色、干し肉、黒胡椒、干しバナナの香りに、樽熟成によるヴァニラやトースト香が調和し、ポムロールの土っぽい、埃っぽい風味とメルローらしい柔らかい味・・・
e0309389_173928100.jpg

バックは、私が描いた建築的絵画(窓)

どちらも、長期熟成型なので、06.07と今開けるのは少し勿体ない、生産者に失礼?・・・しかし10年後のテイストを思い描きながら、今飲んでも流石の味!なんでもない日に特別なワインを開ける、マリアージュは豪華な料理でもなく、生ハムにチーズ、心地よい風に遠くに海、美味しいワイン・・居心地良いなー・・!空間造りも材料選びと組み立て方が重要
byT
by a-take5 | 2013-11-04 17:52 | 半径1mのできごと T

絵画と建築

先週末、県立博物館・美術館で開催の緑の抒情、安次嶺金正展に行ってきました。
e0309389_15595630.jpg

正直、安次嶺金正さんについては何の知識もなかったのですが、ポスターに使われている赤い幹の建築的フォルムに魅かれて会場へ、大まかには、戦中、戦後の困難な時期、風景・人物を通して内面を描く時代、沖縄の自然を再考して具象から抽象へと表現方法が変遷していく彼の軌跡をたどる展覧会でた。
展覧会の根底にある、絵画論や文化論は他に譲るとして・・・・ポスターを見て最初に感じた建築的バランスや量感は、ガジュマルをモチーフに具象から抽象へ移行する絵画、黒い幹赤い幹がじまるに現れていて、以前に設計した建築と重ね合わせ、森や樹木、空、太陽、月といった自然を抽象化していく表現方法は、建築的でとても魅力的でした。

e0309389_1555525.jpg

黒い幹・1955
e0309389_163798.jpg

赤い幹・1959
e0309389_1634967.jpg

がじまる・1959

建築も、絵画と同じように表現したいもの(建築の場合クライアントの要望)があって、モチーフ(材料、予算、環境、etc・・・)を吟味してイメージしたものを理数的に表現していく。建築は理数の塊のように思われがちですが、情緒や想い、自然を感じる感性を込めなければ魅力的にはならない。沖縄でよく見かけるピロティー(建物下が駐車場になっていいる)建築も空間をどういう方法、どんな感じで重力に逆らって持ち上げるか・・・ヒントはガジュマル等の樹木にあったりする。
e0309389_16294773.jpg

抽象的想いを具体的に数値化したスケッチ
e0309389_16332560.jpg

e0309389_16354716.jpg

コンクリーの打設
e0309389_16361878.jpg

型枠の脱却、隣の畑も種蒔きの準備
e0309389_16364216.jpg

緑の抒情をコンクリートの抒情で表現・・・?
完成、隣の畑の緑がコンクリートを柔らかくする・・・
HOUSE N
by a-take5 | 2013-10-30 19:00 | 半径1mのできごと T

極楽鳥花とワイン

去年の4月頃から始めた水泳は、約1年半を迎える。
先週末、クロールで300m泳げた。浮くこともままならなかった体が、スイスイ?と前に進む、オバ様方に混じって肩身の狭い思いをしながら修行したかいがあった・・・・。東京オリンピックの頃には、(あまり意味はないけど・・)10倍返しの3Km遠泳!・400m個人メドレーをス~イスイ・・・。日々精進々・・・!

・・・・・というわけで、3年ぶりの極楽鳥花開花とクロール300m達成!を記念?してスペイン産ワインを開栓。味、香り、雰囲気・・・夏の終わりの午後にピッタリ!

紫色の濃密な色合いに、果実、タバコ、エスプレッソ、杉、スパイスなどが複雑に香る。野性的果実味、たっぷりのタンニン、柔らかくなめらかな口あたりの快楽的ワイン!エレガントかつリッチでピュア・・・・とても美味いワインです。さすが、アレハンドロ・フェルナンデス・・・ありがとう!

ソムリエ気分で自分時間を演出、生ハムと2、3,000円前後のワインで、なにげないベランダが特上の空間になる・・・これからの季節大いに楽しみだ・・・みなさんも如何?・・・・・。                  byT


e0309389_13255118.jpg


コンダード・デ・アサ・クリアンサ08/アレハンドロ・フェルナンデス
スペイン/リベラ・デル・ドゥエロ テンプラーニョ 100% アルコール 14%
                                                                
by a-take5 | 2013-10-05 18:00 | 半径1mのできごと T

ここ一週間のワイン日記

久しぶりのワインねた・・・

先週25日土曜日、昔インターンで事務所に出入りしていたM君が、久しぶりの来沖ということで、事務所でワイン会と思っていたところ、パートナーの提案で外食・・・初めてのお店で少々不安?(よく聞くとパートナーも初めてとの事!?・・・)首里のとあるレストランへ・・・頼んだのは今日のおすすめディナーとイタリアワイン・・・

e0309389_18393030.jpg


チートラ・ヴィーニ・シレーネ ロッソ 201
イタリア アブルッツオ サンジョヴェーゼ 100%

頼んだおすすめディナーもそこそこの味、ワインはというと・・・久しぶりに会う後輩の土産話も楽しく、ワインも安い?割には美味しい!柔らかい口当たりでチェリーの果実味と旨味があり、程よいしまりのある味わい、
会話がはずむから美味しいのかな?(M君ありがとう、近いうちまた来てね・・・)

26日日曜日は、ジムの水泳教室の帰り、上達しない自分にお疲れ!の気合いを入れてイタリアワイン

ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ06

イタリア トスカーナ/テヌータ・イル・ファジェート
サンジョベーゼ90% マンモーロ5% コロリーノ5%


e0309389_1965442.jpg


赤みを帯びたエッジの濃い暗赤色、ヴァニラやチェリーの香りで、タンニンと酸味が交わるまろやかな舌触り、心地よい苦味とほんのり熟した果実の甘味がバランスよく、全体的にエレガント?な味わい・・・
落ち込んだ水泳も、癒される・・・!(これだから上達しないのかな?)

今日6月1日(土曜日)、梅雨明けのような太陽を浴びながら・・・連れが買ってきた天食米果のバジル入りトマトパンに誘われて、イタリアワイン

e0309389_1922728.jpg


テッラ・ダリージ・モンテプルトアーノ ダブルッツォ 2008
イタリア アプルッツォ/モンテプル チアーノ100%

紫がかったルビーレット色、熟した赤いフルーツの豊かな香りで、重すぎず軽くなく程よいスパイスが感じられ、バジル入りトマトパンがイタリアンな味わいでちょうど良い!
なんとなく酸味がほしい一週間だったので、イタリア サンジョベーゼに乾杯!もうそろそろ梅雨明け?イタリアンな夏がもうすぐ・・・??
by a-take5 | 2013-06-01 19:56 | 半径1mのできごと T

twin

デザインの基本?並べる!
同じ形のものが並ぶと微笑ましくなり、ホッ・・とする。
特にイスなどは、一つより二つが良い・・・二つ並ぶと空間に会話が生まれる。

e0309389_1845344.jpg


e0309389_18475052.jpg


e0309389_18491418.jpg


ほら・・話し声が聞こえてくるでしょう・・・自分のそばに誰かを思い浮かべながら・・・

e0309389_18534816.jpg


一つは寂しそうでしょう・・・

イスだけでなく、並べると楽しくなる・・・二つが基本で三つ以上になると別のデザインになる。

e0309389_1859305.jpg

照明のtwin

e0309389_1921819.jpg

照明とイスのtwin

e0309389_1943387.jpg

窓とトップライトのtwin(内部)

e0309389_1955596.jpg

窓のtwin(外)

e0309389_197724.jpg


うーん・・これはやりすぎ?悪くはないけど・・・





如何でした・・・部屋の模様替えに悩んだら”twin”・・・お試しあれ・・・

by-T
by a-take5 | 2013-05-15 19:17 | 半径1mのできごと T